ペリアクチンの副作用?

本日は「ペリアクチン」を飲ませてみました。
錠剤をうまく飲ませることができたのですが、これは副作用では?と思われる症状が。。。

1月初めに最初に食欲増進剤として処方されたのが「ペリアクチン」でしたが、その時も、飲んだ後に動きがカクカクしているというか、動きにくそうになっている気はしていました。
でも、ご飯は食べてくれているし、手足がプルプルするのはもともとあったので、そんなに気にしませんでした。
それより、飲んだらごはんをよく食べてくれる事の方がうれしくて。
結局その後すぐに「ミラタズ軟膏」に切り替えたので、その事も忘れていました。

しかし、今日は明らかに動きがおかしいのがハッキリと分かりました。
足下がおぼつかず、手足がカクカクと動かしにくそうです。
昨日の動きとは全然違います。
しかも、たまに大声で鳴いたり、フラフラの割には落ち着きなく動き回ったり。。。

「ペリアクチン」の副作用を調べてみると、
雄叫び 徘徊 足元のふらつき
があるようです。

まさに、今日の症状です。
確実に上記の副作用が出ていると思います。
更に悪いことに、肝心の食欲増進効果がほぼありませんでした。

「ペリアクチン」と同じくよく処方される「レメロン」は、色々な個人輸入サイトでも扱いがあるようで、そのサイトでのカスタマーレビューでは「ペリアクチンが効かなくなってきたのでレメロンへ変えました」という書き込みが多く見られます。
うちのウメもそうなのかも。。。

今日の副作用を確認してしまうと、ちょっと明日から「ペリアクチン」をあげる気にはなれません。

「ミラタズ軟膏」は、ちょっと耳が痒くなるとの報告もあったので、連続での使用は控えたいところです。
もうすでに1ヵ月使用してしまったので。
今は「レメロンジェネリック」の錠剤を取り寄せ中です。
錠剤が届いたら、錠剤を飲ませて様子を見ようと思います。

届くまで時間がかかると思うので、それまでに食欲があまりにないようだったら、予備でおいてある「ミラタズ軟膏」を再び使うかもしれません。

薬を飲み続けていたら、いつの間にか食欲不振が治っていました!
みたいな事を期待していましたが、ちょっと甘かったかもしれません。
年齢的にも、食欲増進剤は手放せなくなるのかも。。。

-くすり・サプリ, 猫の病気

Copyright© トンタロウの猫ライフ , 2022 All Rights Reserved.