②慢性腎不全は初動が大切!点滴入院への決断

2020年5月13日

先生が言うには、最初にどれだけ徹底的に治療(点滴)するかが大切とのことで、入院させることに決めました。

しかし、今日は皮下点滴をしたので本格的な静脈点滴は明日からになるらしく、一度家に連れ帰り、ごはんを食べたりゆっくりしてしてもらうことにしました。

何故なら、キクさんは生後6ヶ月ぐらいで避妊手術のため1泊入院した際に、飲まず食わずトイレ行かずを貫き通し、家に帰ったら速効トイレに駆け込み、続いてご飯をガツガツ食べた経歴の持ち主です。

今日から入院するとなると、明日の朝から点滴が始まるまで、1日余分に病院に宿泊することになります。
それは精神的に耐えられないだろうと思い、明日からの入院にしたのです。

入院は3〜4日の予定です。
そんなに入院できるか不安でしたが、決めました。

その後、念の為エコーも取ってもらいました。
なんとおとなしくお腹の毛を剃られ、エコーを取ってもらったようです。
元気な時なら人間はキクさんにより半殺しにされるので、絶対そんなことできないのに。。。


やはり腎臓はダメージを負っているようです。

 

家に連れ帰ると、いつもよりたくさんおしっこをしていました。
点滴で水分を取ったからかな?

昨日よりはだいぶ楽そうに見えるけど、やっぱりいつもより疲れている感じ。

さぁ、明日から入院です!

 

続きます。

 

本日のお会計:27,170円
皮下点滴
ABPC+シメチジン+PP
セレニア
採血料
血液検査 CBC
電解質・NH3・LIP
血液検査 ケム10
fPL(猫膵臓特異的リパーゼ)
X線検査 1回目
X線検査 2回目
超音波検査
CP+INF

-慢性腎不全闘病記, 日々の記録

Copyright© トンタロウの猫ライフ , 2020 All Rights Reserved.